夫が昔 別人すぎてつらかった話⑨

こんにちは、みのりです。

ご覧いただきありがとうございます!

前回、夫が勝手に戻ってきた話の続きです。

www.niwalog.net

本編⑨

f:id:minori24_t:20190223231412j:plain

f:id:minori24_t:20190223231426j:plain

f:id:minori24_t:20190223231435j:plain

f:id:minori24_t:20190223231446j:plain

そこは「頑張って友達に認めてもらうよ」ぐらい言え。

f:id:minori24_t:20190223231455j:plain

まだ好きか、そうでないか

今までよりちょっと短めですみません。

長いとなかなか更新できないので、若干短めに区切りました。

これぐらいだと描きやすいのでもっと更新頻度上げられるかと!

最近はインスタでPR機会をよくいただけて写真(+イラスト)も投稿させてもらってるので、漫画の投稿もちゃんと増やしたい。

 

で、漫画のお話ですが、結局友達にはヨリを戻したことはちゃんと言いましたよ。

心配かけましたからね。

男友達を紹介してくれたりしましたからね。

オードリー・ヘプバーン似の人とかを。

 

でも、意外と反対された記憶はあまりないんですよね。

それよりも驚かれた記憶の方が強い。

「その人(夫)のこと、まだ好きだったの!?」と。

f:id:minori24_t:20190223225145j:plain

私は全力で否定してましたけど。

友達の疑問はもっともなんですけど、私はそうじゃなくて、あくまで「もう夫に未練はなかったし、好きじゃなくなってた」というスタンスでした。

 

じゃあなんで戻ったんだって感じですよね。

 

私的には、「べつにもう忘れてたけど、悪いところを直して戻ってきたんだったら、じゃあいいか。今彼氏いないし。」という感覚だったんですね。

今思えば、単なる強がり?かもしれませんけど。

 

で、おまけに描いた、ヘプバーン似の人ですが、なんか忘れてた頃に連絡があったんですよね。共通の友人から私のことを聞いたんだと思います。

で、告白してくれるの待ってたのにー、と。

あれ、ということは前回「ヘプバーンと付き合ってたかどうか微妙だった」と描きましたが、やっぱり付き合ってなかったということ?

 

続きます。

www.niwalog.net